若手社員

image

最先端の技術にチャレンジし、環境負荷
軽減に貢献できる設計者を目指します


井上 愛

ai inoue

2020年入社
設計・監理本部 第3設計・監理グループ
電気設計担当

Question 1

入社した理由

学生時代は建築デザインを学んでいたため、デザイナーを目指してリフォーム関係の会社に就職しましたが、配属先が営業部だったこともあり、設計職を諦められずにいました。働く中で、根拠に基づいて結果を導く設備設計の方が自分に向いているのではと考えるようになり、東京で設備設計の出来る職場を探し、設備設計事務所としてトップの業績を誇る総合設備コンサルタントへの入社を決めました。

Question 2

社風や職場の雰囲気

第2新卒であり、また、設計職としての実務経験がなかったことから、業務に対する心配はありましたが、皆さん気さくに接して下さり、質問もしやすい環境です。上司、若手との壁も感じられず、風通しが良いと思います。

Question 3

入社当時から最近の仕事

入社当初はまずCADの使い方を教わり、作図の補助的な業務を行いました。その後、現地調査、お客様との打ち合わせへの同行、照明設備の器具選定、照度計算、図面作成と実施業務の幅を広げていきました。
2年目で初めて担当の物件を持ち、建築事務所や協力会社等と打ち合わせもするようになりました。様々な立場の方々との意思疎通の難しさを痛感しています。

Question 4

仕事のやりがいや面白さ

設計基準の更新があったり、メーカーの商品や技術も次々と新しいものが出てきます。以前と同様の設計をするだけではなく、建築設備業界のトレンドにもアンテナを張り、日々勉強しないといけないな…と思っています。

Question 5

将来の夢

まずは一人前の技術者になることが目標ですが、将来はZEB等の環境負荷低減に貢献する設計に携わりたいと思っています。

Question 6

総合設備コンサルタントの良いところ

残業時間の削減など会社として働き方改革に取り組んでおり、とても働き易い職場だと思います。資格取得など、自己研鑽できる時間が比較的作りやすいと感じています。

Question 7

学生の皆さんへのメッセージ

今後、環境負荷の軽減など、建築設備の設計に求められる要素は更に多岐に渡り、重要度は増していくと思います。私達と共にその最先端の世界にチャレンジしていく方が増え、共に働くことが出来るのを、楽しみにしています。
設備設計の知識が十分ではなかった私のことを認め、大事に育ててくれている総合設備コンサルタントは、就職先の候補の一つとしてお薦めできる会社だと思います。