若手社員

image

様々な建物用途に対応できる柔軟な
設備設計技術者を目指します


河﨑 啓太

keita kawasaki

2019年入社
設計・監理本部 第1設計・監理グループ
機械設計担当

Question 1

入社した理由

学生時代、当初は意匠設計を目指していましたが、定性的な評価となる意匠分野よりも定量的な評価となる設備分野の方が自分に合っていると思うようになりました。大学では設備系の研究室に所属し、就職活動前には設備設計に関わりたいと思うようになりました。また世の中の省エネルギー化に向かう大きな流れも感じ、設備設計専業の設計事務所としては業界No.1の総合設備コンサルタントへの入社を決意しました。

Question 2

社風や職場の雰囲気

私のグループは和気あいあいとした、自由で柔軟な雰囲気があります。年の近い先輩だけでなく、上司の方とも話しやすい職場です。仕事とプライベートを両立しやすく、ワークライフバランスを実現しやすいと思います。

Question 3

入社当時から最近の仕事

初めはCADの勉強や設計図面の見方から始めました。入社後、専担の育成係の先輩がマンツーマンで教えてくれました。このように新入社員の育成環境は整っていると思います。
入社2年目以降は設計や積算業務に加え、未利用エネルギーのポテンシャル調査、省エネ・劣化診断等の現地調査も経験し、建築設備における包括的な知識の重要性を実感しています。
今年度の最大の目標であった1級建築士試験に無事に合格出来、次は建築設備士の資格取得に挑戦しようと思っています。

Question 4

仕事のやりがいや面白さ

総合設備コンサルタントでは、ゼネコンのような新入社員に対する全体研修ではなく、育成係の先輩とマンツーマンで設備設計を実践的に学べるため、私のように設備設計業務に携わりたいと思って入社した社員にとっては良い育成環境だと思います。育成係の先輩のもとで当初から実務を経験でき、やりがいを感じることができます。

Question 5

将来の夢

自分が設計を行った建物が社会的な注目を集めるような、大きなプロジェクトに携わりたいです。様々な用途の建物の設備設計に対応できる柔軟な設備設計技術者になりたいです。

Question 6

総合設備コンサルタントの良いところ

先輩方が接しやすく優しいところです。また、転勤がほとんどなく人生設計がしやすいのが良いです。
官公庁、民間を問わず、大規模物件から小規模物件まで様々な設計に携わることが出来、また設計だけでなく未利用熱利用の調査や検討等の建築業界のトレンドに沿った業務も経験することが出来ます。

Question 7

学生の皆さんへのメッセージ

この業界を希望する学生さんは建築の勉強をされている方が多いと思いますが、まずは業界の中を幅広く見て欲しいです。建築業界でもゼネコン(総合建設業)、サブコン(設備工事業)、設計事務所などさまざまな業種があり、規模も大企業から中小企業にいたるまでさまざまです。その中で必ず自分に合った会社が見つかると思います。弊社に少しでも関心がありましたら、お気軽に事務所に見学に来ていただければと思います。