若手社員

image

技術力とコミュニケーション力を
兼ね備えた設備設計技術者を目指します


根田 瀬里加

serika konda

2018年入社
設計・監理本部 第4設計・監理グループ
機械設計担当
2級建築士

Question 1

入社した理由

建築設備は人間に例えると「臓器」の機能にあたる建物の重要な要素で、いくら外装デザインに優れた建物でも設備機能に問題があると健全な建築物とは言えません。この建築設備の重要性を学生の時に知る機会があり、その後設備設計技術者を目指すようになりました。最初は総合設計事務所も視野に入れて就職活動を行いましたが、設備設計専業の一級建築士事務所があることを知り、入社を決意しました。

Question 2

社風や職場の雰囲気

所属している第4設計・監理グループはベテランの方も多く、手厚く支援して下さるので、安心して働ける職場です。また先輩社員の方から多くのものを吸収できています。

Question 3

入社当時から最近の仕事

入社当時は育成係の先輩について、図面作成と積算の補助業務から始めました。
現在は、お客様側の担当者の方との打合せも一人称で行うなど、諸先輩方の指導を仰ぎながら、実施設計業務を行っています。特に官公庁施設や文教施設の新築プロジェクトが多く、各プロジェクトに見合った発想力を養ったり、その経験を自己のスキルアップに役立て、より高度な専門的技術力を磨いています。

Question 4

仕事のやりがいや面白さ

自分が設計に携わった建物が完成するのが楽しみです。建築物は長く後世にまで残るので、設計に携わること自体にやりがいを感じます。

Question 5

将来の夢

仕事では、人対人のコミュニケーションが重要だと思っています。設計業務は、お客様の要望をお伺いし、形にする仕事なので、コミュニケーション力が特に重要だと考えています。このコミュニケーション力と技術力の両方を兼ね備えた設備設計技術者を目指したいです。

Question 6

総合設備コンサルタントの良いところ

設計事務所として仕事を行いやすい環境が整っていると思います。また、私が所属している第4設計・監理グループは社員の年齢層も幅広く、大家族の中にいるような安心感があります。

Question 7

学生の皆さんへのメッセージ

私が通っていた学校は施工会社からの求人が多く、選択の幅が狭い状況でした。そんな方は、まずは落ち着いて幅広く建築業界・職種を知り、正確な情報を収集して、自分が本当にやりたい分野を見出して下さい。入社すれば、学歴や専攻にかかわらずほぼ横一線でのスタートとなります。建築設備設計技術者として活躍したい意欲のある人にとって当社は最適な環境だと思うので、是非ご応募いただければと思います。皆さんと良いお仕事ができることを心よりお待ちしています。