若手社員

image

快適でエネルギー効率の良い建物を設計し、お客様から満足いただける頼りになる設計技術者を目指します


小西 裕莉夏

yurika konishi

2021年入社
設計・監理本部 第1設計・監理グループ
機械設計担当
建築設備士

Question 1

入社した理由

新卒でサブコンに入社して施工管理の仕事をしていましたが、設計に携わりたい気持ちが強くありました。当社は設備設計事務所として実績が豊富なこと、資格取得への支援も手厚いと感じたことから、転職を決めました。

Question 2

社風や職場の雰囲気

グループや部署が違っても相談しやすい雰囲気があります(仕事の話だけでなく個人的な話も)。また若手、ベテランをあまり意識することなく意見を交わす場面が多いと思います。いろいろ気遣いのできる方が多いので、中途入社でも安心して働くことができています。

Question 3

入社当時から最近の仕事

入社当初は、先輩が担当する規模の大きな物件の一部(設計図の作図等)をお手伝いしました。最近は、規模が小さい物件で、計算書や設計図の作成、積算など、先輩に確認しながらではありますが、設計業務の全体に携わっています。

Question 4

仕事のやりがいや面白さ

建築設備の設計には意匠設計のような派手さはありませんが、ユーザの快適性に直結し建物のエネルギー収支の多くに関係しています。技術者として知識を求められる場面が多いですが、建物を総合的に捉えられる面白さがあると思います。
また空調や給排水と一口に言っても、方式が何パターンもあること、その中からそれぞれの建物に適したシステムを構築していくことが難しくもあり、面白さのひとつだと思います。

Question 5

将来の夢

今の目標は、一人で物件を見れるようになることです。
将来は、お客様から「一緒に仕事したい」と言っていただけるような設備設計技術者になりたいと思っています。

Question 6

総合設備コンサルタントの良いところ

知識豊富な方が多く、1を聞いたら2、3以上の答えをもらえることには感心してしまいます。また私は意見を出すのがやや苦手なのですが、どんな意見でも優しく聞いて下さる方が多いと思います。個人のキャリア・技術力を踏まえて業務配分をしてもらえるので、前向きに取り組めます。

Question 7

学生の皆さんへのメッセージ

私は新卒で入社した会社から転職した立場ですが、新卒時・転職時とも自分の選択に後悔はしていません。就職活動で不安な中でも、後悔のないよう自分と向き合ってほしいと思います。将来有望な皆様は選択肢も多いと思いますが、少しでも興味がありましたら気軽に会社見学へお越しください。