キャリア採用社員

image

最新技術を習得し、時代のニーズに対応
出来る設備設計技術者であり続けます


吉田 雅之

masayuki yoshida

2017年入社
設計・監理本部 第3設計・監理グループ
機械設計担当
建築設備士

Question 1

入社した理由

大学では土木を学び、水道管の劣化などの研究をしていました。管工事を施工するサブコンで設計の仕事に携わっていましたが、会社の中心は施工の業務でした。自らの設計技術を会社の収益に直結できる職場を求めて、総合設備コンサルタントへの入社を決めました。

Question 2

社風や職場の雰囲気

若手、ベテラン、プロパー、キャリア採用を問わず、設計技術に関する意見交換をオープンに実施出来ます。また会社が多種多様な案件を扱っているので、未経験の設計内容、建物用途、お客様の案件であっても、過去に同様な業務を経験したメンバーに相談しアドバイスをもらえます。

Question 3

入社当時から最近の仕事

入社4年になりますが、官公庁庁舎や図書館の改修、大学の校舎や実験施設の改修、大型ホテルの新築など、たくさんの案件を担当しました。空調設備、衛生設備の設計がメインでしたが、今後は電気設備の設計スキルも向上させていきたいと思います。

Question 4

仕事のやりがいや面白さ

設計をして終わりではなく設計監理の仕事も実施するので、お客様の反応まで実感できることにやりがいを感じます。改修工事でそれまでと異なる空調方式を導入し、自治体の首長から快適になったとお褒めいただいた際には、とても励みになりました。

Question 5

将来の夢

建築設備設計の技術も日々進化しています。BIМ、AI、IoTなどの最新技術に目を向け、習得し、時代のニーズに対応出来る建築設備設計技術者であり続けたいと思います。

Question 6

総合設備コンサルタントの良いところ

総合設計事務所では、意匠設計が主役になることが多いと思います。総合設備コンサルタントは建築設備設計に特化した設計事務所なので、建築設備設計技術者が主役になります。
また長年培ってきた高い技術力、誠意を持ってきちんとした仕事をすることによるお客様の信頼、安心感が、会社の貴重な財産だと思います。

Question 7

キャリア採用への応募を検討中の方へのメッセージ

建築設備設計技術者が主役になれる設計事務所です。テレワークも可能となり、ワークライフバランスも実現しながら働くことが可能です。